はな花季行/おっ!オッ?

demizo.exblog.jp
ブログトップ

九州の想い出その2、、小石原焼

d0036450_1150568.jpg
実家から車で30分くらいの 福岡県/朝倉郡小石原村の小石原焼の窯元に行って来ました。

小石原焼は 17世紀、江戸時代前期に黒田藩藩主によって開かれた、筑前最初の窯です。当初はその地名から「中野焼」と呼ばれ、大型のかめ、壷、徳利等の磁器を焼いていましたが、18世紀初めから陶器が焼かれるようになり、小石原焼と呼ばれるようになったと言われています。

小石原焼は上の画像の様な「とびかんな」の施しが一般的ですが、今回は一風変わった「高橋国光窯」に行ってみました。

d0036450_1230513.jpg
素朴な風合いで、色合いも気に入ったので数点買い求めました。ぐい飲みで800円程、小皿で1000円程でした。(価格も demizo好み^^)家人も気に入ったらしく煮物茶碗を4点購入。すると素敵なコップ1つおまけしてくれました。(ばんざ〜〜〜い)

ところでこの店には、人見知りしないちょっぴり太めのワンちゃんがいて、お見送りしてくれたのですが、我が家のガウディが口から泡吹いて吠えまくり、恥ずかしい思いでトットと車に乗り込み次の大分県日田市の小鹿田(おんた)焼へと、走ったのであります。
[PR]
by demi_zo | 2005-08-25 12:48 | 山を降りる | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://demizo.exblog.jp/tb/1627786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Next-JIS at 2005-08-25 13:13 x
窯元に行って、ご主人のお話を聞きながら買うのが、私の夢でもあるのです!! いいなぁ…!! 私も、行きたいなぁ…!!
素朴な色合いで、長く使えそうですね。 きっと使えば、使うほど、良い味が出るのでしょうね!!
Commented by demi_zo at 2005-08-25 17:59
Next-JISさん^^こんにちは。使う程にいい味が出ますよ〜って窯主も言っておられました。、、、が、、、問題は私がそれまでに割るのでは?ということです。。。