はな花季行/おっ!オッ?

demizo.exblog.jp
ブログトップ

オトンの流れ

6月6日。
オシッコに小さな血の塊が出るようになったため、紀南病院で膀胱の検診。
オトンの予想(膀胱炎かな?)をよそに、あれよあれよと検査は進み
膀胱癌と診断。入院、手術日まで決まって帰宅。

6月13日。
MRI、造影剤を入れて下腹部レントゲン。

6月17日。
入院。
(転移は無いとの事)

6月18日。
内視鏡での腫瘍削除。
下半身麻酔。約1時間。

6月19日。
前立腺による、感染症発祥。熱41.4度。震えのような痙攣のような、、、
血圧下がる。唇紫色。呼吸荒い。酸素導入。
点滴にて抗生剤投与(4日間)
多分10分程度だったと思うが、目の前で人間が苦しむのを始めて見た。怖かった。

6月23日。
おしっこの管が取れた。

6月26日。
退院。
この時点で、先生から告知。
やはり がん細胞が深かったと言う事。たちの悪いガンと言う事。(グレード3)
次の入院(20日)と、手術決定(23日)。膀胱全摘出。
手術時間5−7時間。約40日の入院。
尿道に転移が無かったから、小腸60センチカットして新膀胱を作り、尿道を通って尿を出す手術。
尿道に転移があれば、袋をぶら下げる事になったらしい。
どちらにしても生活が変わる事にはかわりはないが。

7月3日。
検査と自己血採取。

7月10日。
自己血採取と、造影剤を入れて尿管チェック

<7月13日追記>

オトン&ローズペア9時頃山を降りた。
途中ローズは泉北ドッグスクールにて途中下車。
(私が病院に泊まったり、母の初盆で九州に帰らねばならぬ為)
がんばれローズ!(約40日の予定)
オトンは泉大津からフェリーにて九州の実家@戸畑へ。

<7月18日追記>

オトン、九州帰省を終了。<阪九フェリー>
そのまま紀南病院にて3回目の自己血採取。
九州で熱が出たため、薬が出た。

<7月20日追記>

午後2時入院。
21、22、23手術(午前8時くらいから8時間くらいで、術後は一晩ICU)、24、25、絶食とのこと
いったい何キロ痩せるんだ?

(7月24日病院にて追記、am5)

23日8時30分より、膀胱全摘出手術ならびに小腸による新膀胱造設手術開始。
8時間かかり、16時40分ごろ終了。
すぐICUに面会に行った。(数分)
流石にしんどそうだが、意識はしっかりしてた。
この日はICU泊まり。
私は独り病室で寝た。2泊目。
(ホッとしたのもつかの間、ふじーじ@実父、入院の連絡はいる。勘弁してよ)

<7月25日追記>

午前中にオナラが出た。
切断した腸の開通が確認できた。やほー!
動きも良いらしい。
毎日2回左右の腎臓と膀胱を洗う。
熱は37度台。
痛みが出てきたらザヤクを入れる。

<7月27日追記>

26日昼からオモユ開始。ミルミル。食べても吐き気なし。
27日昼から三分粥。魚の白身煮付け少々と、溶けそうなブロッコリー。
26日から病院廊下を歩く。その後痛むらしい。熱も出る。
ずっと下痢。

<7月28日追記>

今日から五分粥。少しづつ固形物がついてきた。食べても吐き気なし。
痛み止めのザヤクは2回してもらっている。

<7月30日>
お腹(右)に激痛あり。すぐ、CT。
腸閉塞になってしまった!鼻から管を入れ、活性化させる薬などを入れ
詰まったものは吸い取っていく。しばらく絶飲食。七分粥目前にショック!

<7月31日>

造影剤を入れてのレントゲンの結果、オシッコが縫い目から漏れている事がわかった。
つまり、深刻な腸閉塞ではなかった。
処置として、新たに穴をあけて管を入れ、溜まったオシッコを出す。また、ステント2本の位置を上げた。
結構痛い処置だったみたい。

それから間もなく鼻の管は取れ。再び3分粥から仕切り直しだ!
3分粥、5分粥。7分粥、腸炎の全粥、腸炎の白ご飯。

で、8月7日の昼は
白ご飯と、八宝菜と、鳥の蒸したものとサラダ。バナナ。だった。
この後、初めて小さく固まった便が出た。

3時から再び造影剤を入れてレントゲン。
ステント1本を上に移動。早めにザヤクを入れた。

<8月21日追記>
前回からバタバタと日にちが経ち過ぎて、細かい事がわからなくなってきた。

8月9日から私ひとりで母の初盆の為九州帰省の予定だったが、台風のため きのくに線がとまり
11日にようやく帰省。16日に和歌山に戻る。きつかった。

18日am9時に家を出て、泉北ドッグスクールにローズを迎えにいった。
アタシを見つけてギラギラした目で 体当たりしてきた/笑
帰りは紀南病院経由でオトンとあう。やっぱり、ぎらぎら喜んでいたが、アタックしたら困るので
車内ケージin.


前の週にステント1本抜いて、18日また1本抜いた。
これで後は尿道1本。

この間に手術時に検査に出していたリンパへの転移、前立腺の結果が出ていた。
リンパへの転移はなし。
ただ、まさかの前立腺に種類の違う がん細胞があった事がわかった。
前立腺は既に取ってあるが、細胞が体内にある可能性が無い訳ではない。
が、今の所気にしなくていいらしい。そうはいっても、、、、、

20日。肛門から鮮血がでた。
たぶん、ザヤクをずっと使った為ではないかと、、、
ザヤク、中止。痛いときは飲み薬になった。
痛みもだんだん減ってきた。
昼間に微熱あり。

21日。造影剤を入れて腎臓の検査。
ざっくり言うと、いいらしい。

25日。尿道のカテーテル(管)が取れた。
身体からすべての管が抜けてすっきりだけど、今度は自己導尿(オシッコの出が悪くなったときの為に長さ30センチ程の管をちんちんの先から入れて腸粘液などを出す)の練習が始まった。
ゆっくりゆっくり入れていく。痛そう。
これからの生活の為に これができないと退院できない。

当初9月初めの退院予定だったが、8月29日、10キロ程痩せて退院。
[PR]
by demi_zo | 2014-07-03 07:47